生産性を高める社内コンピューターを選ぶ方法

スタートアップの生産性が高くなるように社内コンピューターを選ぶ方法についての記事です。OS の選び方・ハードウェアの選び方・Windows と Mac の具体的なコンピューターの選び方の順で説明します。

OS は Windows か Mac か

はじめに OS を Windows にするか Mac にするかを選択します。Windows と Mac ではできることが異なるので、どちらがいいかを考える必要があります。

事業をする上で、Windows でしか動作しないプログラムや Mac でしか動作しないプログラムが必要であればその OS を選択してください。会計/工業/医療などの専門的なソフトウェアは Windows でしか動作しないことが多いです。逆に、Apple がつくっているビデオ編集や音楽制作などのソフトウェアは Mac でしか動作しません。スマートフォンのアプリ開発が必要な場合も iOS アプリは Mac でしか開発できないので Mac を選ぶことになります。

Windows でも Mac でも事業には支障がないようであればお客様について考えましょう。Windows を使われているお客様とのデータのやり取りが頻繁に発生する場合は、社内コンピューターも Windows にしておいた方が無難です。

お客様とのやり取りが頻繁に発生しないようであれば一緒に働くメンバーについて考えて決めましょう。一般的な会社であれば Windows ユーザーが多いですが、デザイナーやエンジニアには Mac ユーザーが比較的多いです。事業のコアとなる職種から順に検討してみましょう。

ここまでで OS が決まらないようであればもう好きな方を選びましょう。使い慣れてるから Windows にするとか、見た目がかっこいいから Mac にするとかで構いません。

社内コンピューターの選定は CTO の好みになりがちなのですが、事業を前提としたところから決めましょう。そのため CTO は Windows と Mac(と Linux)についての最低限の知識はあった方がいいと思います。

両方の OS を使用する会社ももちろんありますが、社内コンピューターの OS はどちらかに寄せておいた方が管理は容易です。社内コンピューターは Windows で、エンジニアとデザイナーは Mac の選択も可能みたいな運用はよくあるかと思います。

社内コンピューターの選定基準

Windows でも Mac でもハードウェアとしての社内コンピューターの選定基準はそれほど違いがありません。生産性に直結する基本要素は処理の速さと画面の広さです。それに加えて、ストレージの容量は基準が必要でしょう。

処理の速さ

コンピューターの処理に時間がかかって画面が止まったりするのは生産性の低下に直結します。それは本当に無駄なのでストレスなく作業できる社内コンピューターを選ぶ必要があります。

速さのボトルネックになりがちなのはストレージです。少し古いコンピューターでもストレージを改善するだけで高速になります。具体的には HDD 搭載ではなく SSD 搭載のコンピューターを選ぶだけです。

次にメモリ (RAM) です。メモリが少ないのは狭い机の上で作業するのと同じような状況になります。メモリを 4GB 以上にするとほとんどのケースでは十分でしょう。メモリを大量に使用するソフトウェアが必要であればそれに合わせてメモリを増やしてください。

最後に CPU です。最近の CPU は高速なのでほとんどの時間はあんまり仕事をしてません。でも CPU に負荷がかかるタイミングではある程度の性能が求められます。CPU を Core i5 にするとほとんどのケースでは十分でしょう。CPU の処理性能が求められるソフトウェアが必要であればそれに合わせて CPU を Core i7 にしてください。

画面の広さ

人間とコンピューターのインターフェイスになる画面の広さは重要です。画面の広さには解像度と物理的なサイズがあります。

画面の解像度は基本的に高い方がいいですが、物理的に小さな画面で高解像度だと目が疲れます。一般的な解像度だと HD・HD+・FHD があります。14インチのコンピューターだと HD の採用が多いですが、HD+ にすると生産性が向上します。FHD だと高解像度すぎて目が疲れるかもしれません。

画面の物理的なサイズもある程度大きい方がいいですが、物理的に大きくなればコンピューターも重くなります。よく持ち運ぶのであれば13インチか14インチのモバイルノートを選びましょう。あまり持ち運ばないのであれば14インチか15インチの A4 ノートを選びましょう。

蛇足ですがコンピューター本体とは別に外付けディスプレイを購入すると生産性が向上します。液晶ディスプレイの価格は安くなっているのでオススメです。

ストレージの容量

HDD や SSD の容量は選定基準にあげておく必要があります。ただ、ストレージ容量は128GBあればほとんどのケースで十分です。大きなデータを持ち運ぶ必要があるという人はストレージの容量をより大きいものにしてください。大きなデータを持ち運ぶ必要がない人は外付けハードディスクを購入してそこに保存しましょう。

Windows 社内コンピューターの選び方

Windows を搭載しているコンピューターはたくさんありますが前述の選定基準でだいぶ絞り込めるはずです。下記に再掲します。

  • ストレージ:SSD 128GB以上
  • メモリ:4GB以上
  • CPU:Core i5 以上
  • 画面解像度:HD+前後
  • 画面サイズ:14インチ前後

ここまで決まるとあとはどのメーカーにするかというところになります。この選定基準を満たす機種を販売しているメーカーを並べてみて価格/サポート/保証などで比べてみるといいと思います。

僕の所属している会社では Lenovo を選んでいます。保守マニュアルが公開されていて PC が壊れたとしても分解して修理できること、トラックポイントが搭載されていること、US キーボードが選択できることなどが Lenovo を選んだ理由です。

選定基準から画面サイズの点で外れてはいますが Microsoft Surface Pro 3 はオススメです。Office Premium Home & Business が付属しているので Office が必須でよく持ち運ぶのであればいいと思います。

Mac 社内コンピューターの選び方

Mac のノート PC であれば選定条件をほぼ満たしていますが、基本的には MacBook Air 13インチを基準にすることをオススメします。ただ MacBook Air 13インチ以外の機種を選ぶ方がいいケースもあるので機種別に説明します。

MacBook Air 11インチ

MacBook Air 13インチでは大きすぎる重すぎるというときに MacBook Air 11インチ選択します。具体的には、外出が多くカバンも小さい女性の方などが対象です。

MacBook Pro 15インチ

MacBook Air 13インチでは処理の速さが足りないとか画面の広さが足りないとかいうときに MacBook Pro 15インチを選択します。具体的には、エンジニアやデザイナーなどが対象です。

iMac 27インチ

MacBook Air 13インチでは処理の速さが足りないとか画面の広さが足りないとかいうときに iMac 27インチを選択します。デスクトップなので持ち運びはできなくなりますが画面の広さは最大です。具体的には、デザイナーなどが対象です。

それ以外の Mac

それ以外の Mac を選ぶときは特殊ケースだと思いますが、検討した結果必要であればそれ以外の Mac を選ぶ必要もあります。3D 制作やビデオ編集をやるために Mac Pro を選定するケースなどは考えられます。


生産性を高める社内コンピューターの選び方についてまとめてみました。意見や感想などありましたら Twitter や Facebook などでご連絡いただければと思います。